健保からのお知らせ

2019/03/29

健保組合ニュース 2019年3月号

第98回組合会(2月27日)が開催され、平成31年度の当健保組合の予算が承認されました。

 

当健保組合の財政状況

当健保組合の財政は、平成29年度では経常収支で5,540万円と黒字に転じ、平成30年度決算見込みでも、前年度繰越金を除いた単年度実質収支は、1億7,441万円の黒字となる見通しです。

 

平成30年度決算見込み

≪平成30年度決算見込みのポイント≫

  1. 収入については、前年度決算比0.42%減の25億8,180万円となる見込みです。
  2. 支出の保険給付費は、前年度決算比0.60%増の13億404万円、納付金は、前年度決算比11.50%減の8億9,951万円、保険事業費は、前年度決算比2.85%増の1億8,651万円となる見込みです。
  3. 収入より支出を差し引いた決算残金は3億3,829万円となる見込みで、今後、第2期データヘルス計画に基づく保健事業の充実のため、ほぼ全額を平成31年度へ繰越します。

平成31年度の保険料率及び予算の概要

≪平成31年度の保険料率≫

健康保険料率・介護保険料率ともに据え置きます。
健康保険料率 78.8/1,000
介護保険料率 15/1,000

≪平成31年度予算のポイント≫

【一般勘定】

≪収入の部≫

  1. 平成31年度の予算は、実績を踏まえ、被保険者数と平均年間標準賞与額は微増、平均標準報酬月額は微減との見通しのもと作成しました。
  2. 保険料収入は、前年度決算比0.27%増の25億8,865万円、調整保険料収入は、料率が上がったことにより、前年度決算比6.12%増の4,615万円としています。また、その他として、雑収入の施設利用料については、人間ドック等の受診率の増加を見込み、前年度決算比24.16%増の5,153万円を計上しました。

                                                                                                                                                       (単位:千円)

科目 平成31年度予算 対前年度比
決算見込比 増減率
1.健康保険収入 2,588,658 6,858 0.27
 ①健康保険料収入 2,587,669 6,801 0.26
 ②国庫負担金収入等 989 57 6.12
2.調整保険料収入 46,155 2,299 5.24
3.前年度繰越金 337,271 173,395 105.81
4.繰入金 3,000 △18,296
5.国庫補助金収入 770 47 6.50
6.財政調整事業交付金 25,768 △4,581 △15.09
7.雑収入 57,493 15,263 36.14
 ①利子収入 195 29 17.47
 ②施設利用料 51,531 10,026 24.16
 ③雑入等 5,767 5,208 931.66
合  計 3,059,115 174,985 6.07

 

≪支出の部≫

  1. 保険給付費は、過去の推移、前年度の推移等を勘案し、また、柔軟に対応できるよう、対前年度決算比約6%増の13億8,076万円を計上しました。
  2. 納付金は、前年度決算見込比14.43%増の10億2,930万円となる見通しです。
  3. 保険事業費は、2年目にあたる第2期データヘル計画に基づく、人間ドック等の受診率の向上や医療機関への受診勧奨の取組みを見込み、前年度決算比で28.18%の2億3,907万円を計上しました。  

                                                                                                                                       (単位:千円)

科目 平成31年度予算 対前年度比
決算見込比 増減率
1.事務所費 107,018 1,658 1.57
2.組合会費 468 228 95.00
3.保険給付費 1,380,767 76,708 5.88
 ①法定給付費 1,341,700 70,515 5.55
 ②付加給付費 39,067 6,193 18.84
4.納付金 1,029,301 129,787 14.43
 ①前期高齢者納付金 309,540 104,812 51.20
②後期高齢者支援金 719,688 30,985 4.50
 ③退職者給付拠出金 70 △6,010 △98.85
 ④病床転換支援金 3 0 0.00
5.保健事業費 239,071 52,553 28.18
6.保険料還付金 1,192 796 201.01
7.営繕費 1,000 1,000
8.退職積立金繰入 5,285 327 6.60
9.財政調整事業拠出金 46,155 2,569 5.89
10.雑支出 1,641 413 33.63
11.予備費 247,217 247,217
合  計 3,059,115 513,256 20.16

収入の部

支出の部

 

【介護勘定】

≪予算のポイント≫

  1. 平成30決算見込額は、収入計は3億6,315万円、支出計は3億2,252万円で、その差額4,063万円が決算残金となる見込みで、決算残金については全額を平成31年度へ繰越します。
  2. 平成30年度に全面総報酬割への段階的移行の影響により、介護納付金の増加は避けられないとの判断のもと介護保険料率を引き上げたことから、平成31年度は、現行の15/1000に据え置きました。
  3. 平成31年度介護保険料収入は、決算見込比で0.34%減の3億5,467万円を計上し、これに前年度繰越金4,063万円を加え、収入合計は3億9,531万円としています。
  4. 支出は、介護納付金が決算見込比で9.02%増の3億5,155万円となる見通しで、この納付金と予備費4,366万円を加え、収支合計は、収入合計と同額の3億9,531万円を計上しています。

 

平成31年度事業計画

平成31年度は、次の3項目を重点事業として保険者機能の強化に努めます。

ⅰ) 現行保険料率の維持・継続と保険給付事業の適正かつ確実な執行

ⅱ) コラボヘルスの推進

ⅲ) 事務効率化の推進および情報発信力の強化

 

健康スコアリングレポート(2018年度版)

 平成30年10月に、厚生労働省より「健康スコアリングレポート」が発出され、特定健診・特定保健指導の項目において、1,375組合のうち141位という結果が示されました。

 この健康スコアリングレポートから、当健保組合の課題も見受けられるため、PDCAサイクルを確実に行い、事業所と協働しながら、平成31年度はより一層、健康維持・増進への事業展開に努めます。

 

適用からのお知らせ

被扶養者異動届(減少)の提出のお願いについて

4月からご家族が社会人なられる方もおられるかと思います。就職すると、基本的に本人の意思にかかわらず、就職先の加入する健康保険の被保険者となります。

毎年、届出を忘れる方が多くおります。就職されご自身の保険者証が発行された場合は、必ず、異動届(減少)をご提出ください。

このページのトップへ