特定健診・保健指導

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づいて、生活習慣病の予防を目的として、40~74歳の被保険者・被扶養者を対象に、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した特定健診・特定保健指導を実施することが、平成20年4月から健保組合などの医療保険者に義務づけられました。

これは、国民の死亡原因の多くを占めている生活習慣病を予防するとともに、これに関連して年々増加する医療費の適正化を図ることを目的としています。

特定健診医療機関一覧

生活習慣病とメタボリックシンドロームの関係

イラスト

肥満症や高血圧症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」が共通の原因であることがわかってきています。

この内臓脂肪型肥満に加え、高血圧、脂質異常、高血糖のリスクを複数あわせ持ち、生活習慣病を引き起こす確率が高い状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、重なるリスクの数が多いほど、命にかかわる心臓病や脳卒中などを発症する危険性が増してきます。

このメタボリックシンドロームについては、食生活や運動などの生活習慣を改善することにより、糖尿病などの生活習慣病や、これが重症化した心臓病や脳卒中などの発症リスクを低減させることが可能であるとされています。

特定健診・特定保健指導とは

新たに実施する特定健診・特定保健指導では、まず40~74歳の人を対象に「特定健診」を実施することによって生活習慣病の危険因子を持つ人を見つけ出し、次に、その危険因子の保有者に対して行動変容を促すための「特定保健指導」を実施することによって生活習慣の改善を実現し、もってメタボリックシンドロームの該当者及び予備群を減少させることを目指しています。

特定保健指導では、健診結果と質問結果(喫煙歴の有無など)から、生活習慣病発症のリスクを判定し、リスクの程度に応じて3段階にグループ分けします。保健指導を必要とする「動機づけ支援」「積極的支援」に分類された方には、医師や保健師、管理栄養士による面接・指導の下に、生活習慣の改善に取り組んでいただきます。

イラスト

情報提供 動機づけ支援 積極的支援
イラスト イラスト イラスト
【対象者】
健診受診者全員
【支援期間】
年1回(健診結果時)
【内容】
健診結果の見方や生活習慣病に関する基本的な知識など、生活習慣を見直すきっかけとなる情報を提供する。
【対象者】
生活習慣の改善が必要で、改善の意思決定の支援を要する者
【支援期間】
原則1回
【内容】
医師や保健師、管理栄養士の指導のもと、対象者自らが生活習慣改善のための行動計画を策定。6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行う。
【対象者】
生活習慣の改善が必要で、継続的できめ細やかな支援を要する者
【支援期間】
3ヵ月以上(継続的に実施)
【内容】
策定した行動計画を対象者が自主的かつ継続的に行えるよう、指導者が定期的・継続的に介入し支援する。6ヵ月経過後に指導者が実績の評価を行う。

特定健診等実施計画

特定健診・特定保健指導の実施に関しては、特定健診実施率、特定保健指導実施率、メタボリックシンドローム該当者及び予備群の減少率の3つの指標について、各保険者が平成24年度に達成すべき目標値が国から示されています。この目標値を達成できなかった場合は、平成25年度以降に健保組合が負担する後期高齢者支援金(75歳以上の後期高齢者の医療費を健保組合などが負担する費用)の額が加算されることになっています。

当組合では、平成24年度の目標達成を目指すべく「特定健診等実施計画」を立てて、計画的に実施していくことにしています。

被保険者の皆さんは

特定健診については事業主が実施する労働安全衛生法に基づく定期健康診断を受けていただければよいことになります。特定保健指導については、健診の結果に基づき、指導を受けていただく方に健保組合からご連絡することになります。

任意継続被保険者・被扶養者の皆さんは

特定健診については、健保組合からご案内をし、お住まいの近くの健診機関で受診していただくことになります。特定保健指導については、健診の結果に基づき、指導を受けていただく方に健保組合からご連絡することになります。

 

特定健診医療機関一覧

北海道・東北

茨城・栃木・群馬

東京

千葉

神奈川

埼玉

中部

近畿

中国

四国

九州・沖縄

このページのトップへ