人間ドック

対象者

被保険者および被扶養者(25歳、30歳および35歳以上)

ただし、家族健康診断、超音波がん集団検診・がん特別検診の受診者(受診予定者を含む)は人間ドックを受診できません。

検診機関および検査料金
限度額 46,000円(税込)
自己負担

検査料金の20%

限度額を超えた検査料金は自己負担となります。

オプション検査(婦人科検査を除く)も補助の対象になりますので、各自の必要に応じて追加して受診してください。


検査の種類や方法、料金は各検診機関によって異なりますので、人間ドック関係検診機関一覧表を参照していただくとともに、最終的には予約の際に確認してください。

検診機関や検査内容・方法などについてご不明の点があれば、お気軽に健保組合にご相談ください。

※人間ドック受診時に、健保組合へ検査結果表の提出に同意を求められた場合は、必ず同意してください(特定健診検査項目の結果データを健保組合が受け取れないと、特定健診をやったことになりません)。

25歳・30歳での受診は1回限りです。

 

婦人科検査

対象者

人間ドックを受診してオプション検査として追加された方

婦人科検査のみでは補助は適用されません。

補助の対象となる検査

子宮頸部細胞診・子宮体部細胞診・子宮超音波検査
乳房マンモグラフィー・乳房超音波検査・乳房触診

限度額 6,000円(税込)
自己負担

検査料金の20%

限度額を超えた検査料金は自己負担となります。

指定検診機関以外でのドック受診

指定病院が遠隔地にある、または指定外病院で手術等をして健康管理をその病院で継続する必要があるなど、やむを得ない理由の場合は、当健保組合指定機関以外でも人間ドックの受診ができます。

 
申請書類はこちら
  • ドック関係利用申込書
    書類

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。(自著署名の場合は、捺印省略可)

書類は、お勤めの方は、お勤め先の総務課・人事課等、健保ご担当者に提出してください。任意継続の方は、健保組合に直接送付してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

このページのトップへ